40歳からの歯列矯正

アラフォーでも40代でも矯正を始めるのに遅すぎるということはないはず!!

まとめて治します!(矯正1574日目)

治療の日でした。

 

「気になるところがなければ、こちらで決めちゃいますけど…」ということで先生にお任せ。

上の前歯3本をまとめて治療することになりました。

風をかけられてもしみなかったので今日も麻酔無しで。一ヶ所深く穴が開いてる虫歯があったそうで、そこは結構ゾワゾワしましたがおおむね大丈夫でした。

治療後にビフォーアフターの写真を見せてもらいました。3本の歯で6箇所まとめて治療しました。

 

前歯の裏側は中が凹んでいて、私はそこを磨くのが苦手らしいです。表から見たときはわからなかったのですが、裏には黒くなってるところがいくつかありました。一度治療したことがある場所だったので、そこの境目が虫歯になりやすく、更に磨きにくい場所だったので虫歯になってしまったようです。

今回、詰め物と歯の境目がなるべくつるりとするようにしてくれました。

 

あと、根元のところもなるべく凸凹を無くしたシャープな形にしてくれたそうです。凸凹してると虫歯になりやすいそうで。一度治療が終わって研磨して、写真を撮ろうとしたときに「うーん、もうちょっと削っていいですか?」って言われてやり直したところだったのです。先生はそこまでこだわってるのですね!

 

「そろそろ矯正も終わりが見えてきたので…被せものは矯正が終わってからじゃないと手をつけられませんが、そうじゃないところはちょっとずつかっこよくしていきましょうね!」とのことです。でもあんまりやり過ぎると、アライナーが合わなくなって矯正の先生に怒られてしまうそうです…。

早期発見早期治療(矯正1571日目)

治療の日でしたー。

 

新しい型を取る前に、治せるところは直しておこう!という今回の企画(?)。今回は下の方の小さい虫歯でした。自分では気づいてなかったし、風をかけられてもしみない、そのくらいの小さい虫歯。後で写真を見せてもらいましたが、根元のところが少し茶色くなっていました。

 

(くさびナントカと言われたなと思って今調べてみたらくさび状欠損というやつかもしれません)

 

麻酔無しで治療開始。痛かったら左手あげてくださいと。削っているときに痛みではなくゾワゾワくる感じはあったのですが耐えられたので黙ってました。埋めて、固めて、完了。

研磨の前に「一度うがいします?」と聞かれて「大丈夫です」と答えたつもりが、唾がたまっていたのか「ガラゴロ」とうがいみたいな音になってしまって。

「溺れちゃう!吸ってあげて!」と先生が言って衛生士さんが慌てて吸引してくれました。

 

次回、気になるところがあったらそこから治療しますけどと言われました。先週、上の前歯に歯間ブラシを通したときにゾワゾワしたのでそれは伝えてあったのですが、昨日通した時はなんともなかったのでそれを伝えました。

先生によると、体調や歯茎の具合によって変わることもあっるので、良くなってるのかもしれませんねとのことでした。人間の治癒力はすごいですよ!って。

 

根っこの炎症が治ってる!?(矯正1564日目)

虫歯の治療でした。

 

次の型を取る前にいくつか虫歯を治しておくことに。月イチで矯正の先生には診てもらっていますが、治療は久しぶり。レントゲンを撮って虫歯の具合をチェック。風をかけられるとちょっとしみたので、麻酔を打ってもらいました。

「麻酔が効くまで」と言って院長先生が9年前、お世話になり始めた頃の写真を見せてくれました。9年前です。歯をしっかり噛んでもすごく隙間が開いてしまっていたし、歯が重なっていた所は歯ブラシが届かないような形になっていて。「これじゃいくら治療してもまたすぐ虫歯になってしまうって、よく話してた記憶があります」と。そう言えばよく言われてました。「それがこんなきれいに並んで…これで虫歯になるのはブラッシングが良くないってことですね!」確かにそうです、頑張ります。

歯茎の色も良くなってきているそうです。それからレントゲンを撮ってわかったこと。歯の根の先に炎症があって、真っ黒になっていたのです。それが今日見たら少し白っぽくなっていたそうで。もしかしたら矯正で歯が動くことによって骨の再生が行われて良くなっているのかもしれないということでした。いいことずくめ!!

 

治療は、詰め物をしていた所に小さい虫歯があったので、削って詰め物も新しいのにしてもらいました。まだいくつか残っていて、痛みやしみたりすることはないのですがまた治療にいきます。今日は進行止めを塗ってもらいました。

 

矯正も終わりが見えてきたので、今度見た目とかも考えていきましょうね。と言われました。差し歯とか被せものもきれいにしたいしね…まだまだお金かかりそうです。

 

アタッチメントを取りました(矯正1554日目)

診察の日でした。

 

いつも通りクリーニング。

担当してくれた衛生士さんが、終わってから「一個だけお伝えしたいことが…」と鏡を手渡されました。

右下の奥から三本目の歯、これがほぼ全体に被せものをしているのですが、歯が動いたことで歯茎と被せものの間に隙間ができてしまっているそうで。細い爪楊枝みたいなのを差し込んだら確かに先端が結構入っていました。歯磨きの時、その隙間に毛先が入るように磨いてくださいとのこと。最初は血が出るかもしれないけれど、続けてくださいとのことでした。

 

そのあと、前回言われた通りアタッチメントを取りました。

がーっと削りました。

「ここのボタン…ゴムかけるとこはそのままにしておきますねー」とのこと。あれ、ツノって呼んでたけど、ボタンだったのですねー。

 

持ってきたアタッチメントをはめて先生のチェック。やはり右下のゴムかけてる歯は他の歯より下がっていて。「大丈夫なら、私はもう少し続けたいな~」と言われたので「大丈夫です!」とお答えしました。

せっかくならそこも揃えたいし、あとなんとなく終わってしまうのが不安だったりします。

当初の歯並びから比べたらすごくきれいだし、もう十分ではあるのですが、なんかね、終わったら戻ってしまうのではないかという不安と、矯正してるのが当たり前になってしまったからそれが失くなるのが不安で。

来月にまた新しく型を取ることになりました。

 

終わるのが望ましいんだけど、終わるのが寂しいという気も…変な感じです。

 

 

上がってこない(矯正1526日目)

診察の日でしたー。

 

受付にはビニールカーテン、手指消毒液、検温。患者さんも減らしているのか時間をずらしているのか、私だけでした。

 

クリーニングをしてもらってから先生に見てもらって、何ヵ所か歯間ヤスリ。

「ここがもっと上がってくればねぇ…」と指摘されたのが下のゴムかけのツノがついている歯。確かにここはアタッチメントがまったく合わないくらいアライナーが浮いています。家でグイグイ押しても動かないので、ツノに引っ掛かってるのかと思っていたのですが、どうやら違ったようです。本当はアライナーの位置までその歯が上がってくる予定だったみたい。うーん、難しいですね。

左上犬歯の辺りも少し浮いていたので、その周りも少しヤスリかけました。

 

このままいけば7月には最後のアライナーだそう。18枚あるうちの17枚目までもらってきました。最後のアライナーはアタッチメントを取ってから使うそうです。

 

「7月…に終わるかなぁ…?」と言ったら先生が「気になるところがあるならとことんやるから言って!」と言ってくれました。

終わるのは楽しみだけど、なんかもうずっとやってるからアライナーが当たり前になってしまったし、矯正が終わったら戻ってしまわないかしらという不安もあるのですよね。

ガムはダメだ(矯正1524日目)

ガムを噛んでいたのです。

もちろん、噛み終わってちゃんと捨てたのです。

なのに、歯のどこかにくっついていたらしくて…。

気づかないまま歯磨きをしてしまって、歯ブラシについたのに気づかないままその歯ブラシでアライナーをこすってしまい、そこで初めて「なんかついてる!」と気づきました。

冷たい水で冷やして固めたら取れるかしらと思ったのですが、ベッタリくっついていて結構手間がかかりそうで。

ちょうど次の日がアライナーの交換日だったので、前倒しで交換してしまいました。

矯正始めてからあまりガムは噛んでいなかったのですが、在宅勤務でいつでも歯磨きできるという気楽さから最近はよく噛むようになっていました。でもまさかこんなことになるとは…。

今後気を付けます。それか前のようにタブレットにしようかな。でもガムの最初の一口の「パリッ…」というあの感触が好きなんですよねぇ。

テレワークとインビザライン(矯正1514日目)

前回の診察の後何日かして、テレワークをすることになりました。

 

テレワークの良いところ、それは、いつでも歯磨きができること!!

 

会社の事務所に出勤してたときは、お昼休みギリギリになっちゃったり、おやつ食べちゃったりすると、その後業務の手を止めて歯を磨きに行くのがめんどくさく…周りの目も気になるし…で、ついついサボってしまってたんですよね。

 

けれど、テレワークならお昼食べた後も余裕あるし、なんだったら歯ブラシくわえてパソコン使ってても問題ないし!(まだやったことないけど…)

気兼ねなくおやつを食べては歯磨きしてます。